(*御祈祷は10月からでも行っております)
 
(お問合せTEL 0725-45-7306)
 

「七五三」とは・・・                   

日本では古来、子供の成長の最も大切な時期に、
式を行い鎮守の社などにお参りする習慣が室町時代から
行われていたとされています。それは、 三歳児には「髪置き」
と申して、子供の顔の上に「白髪」を乗せて、その児が
白髪になるまで丈夫であって欲しいとの親心であります。
また五歳の男子は「袴着」と申しまして袴を着け、
七歳は「帯解き」「紐はなし」と申しまして、
女の子が早く成長して良縁があるように、との風習です。
帯を解くということは結婚を意味することです。